暇人の研究室

金融工学やR言語・統計学について書いてます。

<

【R言語】R内部のオブジェクトを確認・削除する方法

 

今回はR内部に保存したオブジェクトの確認方法について書いていきたいと思います。Rで統計解析をおこなう際に使用した変数(オブジェクト、ベクトルなど)は、Rでは内部で記憶され、Rを終了する時に「作業スペースを保存しますか?」と聞かれたときに「はい」とすると、.RDataファイルとして変数は保存されます。

 

これを日をおいて作業すると、現在Rの中にはどんなデータオブジェクトがあるのかを忘れてしまいがちです。そんなときにRのなかではどんなオブジェクトがあるのかを表示する方法を紹介していきます。

 

R内部に保存されているデータを探すときは、

 

> .GlobalEnv 
<environment: R_GlobalEnv>

 

そして、ls関数でR内部に保存されているオブジェクト一覧を呼び出せます。自分は日を置いてRを触ったりすると今Rの中にどんなオブジェクトが保存されているのかが、結構わからなったりするので重宝しています。

 

> ls(pos = .GlobalEnv)
[1] "a" "airaug" "airaugna" "airquality"
[5] "bn" "bn2" "cars" "CIlabel"
[9] "CRSP" "CRSPmon" "d.ninten" "den"
[13] "dm" "DM" "dummy10" "Errors"
[17] "fx" "fx.lm" "GE" "i"
[21] "IBM" "iend" "istart" "kurtosis"
[25] "m" "mu" "n" "new"
[29] "newCRSP" "ninten" "normrv1" "normrv2"
[33] "oil.dummy10" "oil.dummy94" "oil.ls" "oil.robust"
[37] "ozone" "ozone0.lm" "ozone1.lm" "ozone2.lm"
[41] "ozonefull.lm" "ozonena" "ozonetemp.lm" "PIlabel"
[45] "pred.w.clim" "pred.w.plim" "prob" "ret"

※ここに表示されているのは私のR内部のデータオブジェクトです。

 

ちなみにsearch関数で、現在Rにインストールされているパッケージを確認することができます。

 

> search()
[1] ".GlobalEnv" "package:stats" "package:graphics"
[4] "package:grDevices" "package:utils" "package:datasets"
[7] "package:methods" "Autoloads" "package:base"

 

後はオブジェクトの存在を直接確認するものとしてexists()関数というのがあります。使い方はexists(オブジェクト名)ですが、個人的にはあんまり使わないです。

 

また内部にあるオブジェクトを削除するには、rm関数を使います。

 

>rm(オブジェクト名) ##特定のオブジェクトを削除

> rm(list = ls(all.names = TRUE)) ##内部のオブジェクトを全削除